• scissors
    3月 12th, 20201FTU82wk6HlvOVISAカード

    ANAカードとは、マイレージの積算機能とショッピングなどの利用をマイルにできる基本的な機能とサービスを備えたクレジットカードになります。VISAとMASTER、JCBなどで選ぶことができるので、内容をよく確認して、自分に合ったものにしていくといいでしょう。

    ※クレジットカードの即日発行がしたい場合はこのサイトが参考になります。


    ANAVISAカードとANAJCBカードにおいては、特にマイルを貯める際の手数料などで違いが出てきます。ANAVISAカードは、海外でショッピングや食事などに関して、加盟店も多いので、使い勝手がいいのですが、そういったことを考慮しなくてもいいのであれば、マイル移行の手数料が安いJCBの方がお得でしょう。


    このマイル移行に関する手数料が、VISAとMASATERでは6480円であるのに対して、JCBでは2160円というかなり大きな違いがあるのです。しかし、2015年4月からはJCBの手数料も上がる予定であり、5400円になるので、知っておくといいでしょう。


    また、VISAではボーナスポイント等のマイル移行は直接移行ができないのに対して、JCBでは移行ができるのです。マイルの移行などで比較した場合では、JCBの方がいいといえましょう。


    advise2しかしながら、クレジットカードは使う本人が何を重視したいのかということが一番大切になるので、ショッピングなどで世界的に加盟店の多い、VISAの機能があるANAVISAカードにするのか、MASATER、JCBにするのかを決めていくといいでしょう。

  • scissors
    1月 30th, 20161FTU82wk6HlvOVISAカード

    ANAVISAカードには複数のラインナップがありますが、まずベーシックな一枚として「一般カード」があります。
    一般カードは高校生や大学生を除く、満18歳以上の方が申込みを行う事ができます。
    初年度年会費無料で申込みを行う事ができますので、ファーストステップとして最適の一枚です。
    通常は2,000円にプラスして税額分の年会費が必要です。

     

    次に「学生カード」があります。
    学生カードの利点は在学中は年会費が無料という点です。
    維持費が掛かりませんのでお得にカードを持つ事ができます。
    加入条件は18歳以上ですが、高校生は不可となっています。
    また、未成年者が申込みをする際には親権者の同意が必須です。

     

    ANAVISAカードのラインナップとして「ワイドカード」もあります。
    こちらのカードは満18歳以上の方が申込みできるカードですが、登場ボーナスマイルがアップしているのが特徴です。

     

    ワイドカードのワンランク上のカードとして「ワイドゴールドカード」もあります。 ワイドカードと違い、国内旅行傷害保険が付帯されますし、ショッピング補償はワイドカードが100万円に対し、ワイドゴールドの場合は300万円です。
    さらにはワイドゴールドの特典として、空港ラウンジサービスやゴールドデスクなどを利用できるようになります。

     

    ANAVISAカードには最上級のカードとして「プラチナプレミアムカード」もあります。
    最もステイタス性があるカードですが、こちらのカード限定のプレミアム特典も用意されており、ANAラウンジを無料で利用できたり、海外の空港ラウンジを利用する為のプライオリティパスも提供してもらう事ができます。

  • scissors
    1月 28th, 20161FTU82wk6HlvOVISAカード

    ANAVISAカードには、年会費優待サービスというものがあります。
    カード利用代金の明細をWEB明細書にした場合、翌年度の年会費が一定額優待されます。

    ただし、年会費が優待されるサービスを受けることが出来るのは、本会員のカードの年会費のみです。
    家族カードの年会費には適用されませんので、注意するようにしましょう。

    また、このサービスを受けるためには、過去1年間に、6回以上のカード利用が必要になります。

    プラチナプレミアムカードは年会費の優待サービスはないので、注意するようにしましょう。

    その他にも、ANAVISAカードの年会費の優待サービスを受ける方法があります。
    マイ・ペイすリボへの登録・利用です。

    girlwithcard

    こちらの場合は本会員だけでなく、家族カードの年会費も優待されます。
    ただし、各種年会費、情報誌定期購読料、一部の保険料、リボ払い、分割払い、キャッシングリボの支払い分は、年会費優待サービスのカード利用条件の対象にならないので、注意するようにしましょう。こちらも、ANAVISAプラチナプレミアムカードは年会費割引はありません。
    このマイ・ペイすリボとは、毎月の支払額を顧客自身が決める支払い方法です。

     

     

    このように、ANAVISAカードの年会費優待サービスは、とてもお得なものです。カードの種類や、本会員であるかなど、色々と条件はありますが、あてはまる場合は、しっかりと利用して、年会費の優待サービスを受けるようにしましょう。

  • scissors
    1月 27th, 20161FTU82wk6HlvOVISAカード

    ■ANAVISAカードのフライトボーナスについて

    ANAVISAカードを持っていると、搭乗ごとにお得なサービスを利用できます。
    それは、ANA便を利用するごとに割増しのフライトボーナスのサービスがあります。
    だから利用すればするほどポイントを貯めることができます。

    ※通常のフライトマイルも貯めることができるので、とっても賢くポイントを貯められます。

    出張が多くて頻繁に飛行機を利用しているという方なら、たくさんのポイントを貯めることができて早く還元がされます。
    海外旅行や国内旅行が大好きで飛行機をよく利用するという方も、ANAVISAカードがとってもお得です。

    ANAVISAカードで貯まったポイントは様々なサービスに利用することができます。
    宿泊や食事ができたり美容に利用できます。

    さらには航空券に交換することもできるので、今まで行ったことのないところに旅行してみることもできます。
    国内線、国外船どちらの航空券にも交換できるので様々な地域に訪れてみることが可能です。

    フライトボーナス以外に、ANAVISAカード入会時にもポイントをゲットすることができます。お得にカードを持つことができて、旅のサポートをしてくれます。そして入会時だけでなくANAVISAカードは継続時にもポイントがもらえます。だからお得な特典がついてカードを使い続けることができて便利です。賢くカードを持ちたいと考えるなら満足できるカードです。優待制度や旅行の傷害保険がついているなどサービスも充実しています。

     

     

    ■ANAVISAカードのワールドプレゼントポイントについて

    洋服や日常品などのショッピングや お食事などでANAVISAカードを利用すればワールドプレゼントポイントが溜まります。
    このポイントを貯めれば、ANAマイレージやSuicaに移行可能です。

    だからショッピングをするときに現金で支払うのではなく、ANAVISAカードを利用するととってもお得です。
    また、ANAVISAカードは国内だけではなく、海外でも利用できるので、海外旅行をしたときにも気軽に利用できてたくさんのポイントを貯めることができます。
    そしてインターネットショッピングでも利用することができます。

    銀行振込や代引きを選択すると支払いが面倒ですが、クレジットカード払いならすぐに支払いができてとっても便利です。
    だから買い物をスムーズにしてくれてストレスを感じることがありません。

    ショッピングをして貯まったポイントをマイルに移行すれば、普段いけないようなところに旅行することだってできます。
    費用をかけずに旅行ができるのでとってもお得です。

    国内、海外問わず航空券に交換が可能で今までに行ったことのない地域に訪れてみることもできます。旅行好きな方にはとっても満足できるサービスです。ポイントの移行は応募方法もしくは自動移行方法どちらでも選ぶことができます。

  • scissors
    1月 26th, 20161FTU82wk6HlvOVISAカード

    飛行機を利用すると、それぞれのエアラインでフライトマイルがたまるカードの入会案内書をもらったり、勧められたりしませんか?
    「あまり飛行機に乗らないから…」という理由でまだ持っていないなら、少し視野を広げてみましょう。
    普段の買い物や公共料金の支払いもエアラインのカードを使えばマイルが貯まりお得なのですよ?
    公共料金の支払いを銀行引き落としにしている方は、もったいないといえます。

     

    それに、月に一度送られてくるカードの支払い明細書を家計簿代わりに保存しておけば、家計管理もしやすくなるのではないでしょうか?

     

    また、ANAVISAカードはVISAのポイントも貯まるほか、ANAマイレージへポイントを移行することができます。
    そしてフライトやツアー旅行、シートのアップグレードに貯まったマイレージを使うだけでなく、電子マネー等に変えて使ったり、ANAコインとして無駄なく使用することが可能です。
    毎日生活していれば、いろいろなシーンで支払いが生じます。

     

    支払うという家計にとってはマイナスの行為を、ANAVISAカードはプラスに変えていけるカードとなって、あなたの生活に潤いをもたらします。
    ANAVISAカードはそれぞれのライフスタイルにあった数種類のカードが用意されていますので、ぴったりな一枚を見つけましょう。

  • scissors
    1月 25th, 20161FTU82wk6HlvOVISAカード

    ANAVISAカードへの入会を考えている場合、申込資格と入会方法について、あらかじめ知っておくことが大切です。
    まず、申込資格は、満18歳以上であることです。高校生、大学生は除かれますし、社会人であっても未成年の場合は親権者の同意が必要になりますので、注意するようにしましょう。

    入会方法はとても簡単です。

    thinkingpc
    インターネットで簡単に行うことが出来ますし、最短で3営業日でカードが発行されます。まず、ANAVISAカードのホームページで、入会申込みのページに入ります。個人情報の取り扱いに関する重要事項および会員規約を読んだ後、本人情報を入力していきます。氏名、生年月日、性別、メールアドレス、住所、電話番号、利用代金支払い口座などです。勤め先の情報についても入力していきます。在籍の確認の電話が入る可能性があることは知っておくようにしましょう。

    希望するカードの種類を選んでから、入力内容を確認して送信します。申込番号が案内されます。その後、金融機関のサイトで引き落とし口座の設定になります。インターネットでの設定ができない金融機関を選択した場合は、後日、入会申込書が郵送されてきますので、そちらに記入をして返送します。入会審査が行われ、結果がメールで送信されます。後日、簡易書留でカードが郵送されます。

    このように、ANAVISAカードはとても簡単にインターネットで申込を出来ますし、発行も最短で3営業日という早さです。

  • scissors
    1月 5th, 20161FTU82wk6HlvOVISAカード

    ANAVISAカードは全日本空輸のクレジットカードで、ショッピングに利用すると全日空のマイルがたまります。
    クレジット機能、マイレージサービス、楽天Edy、三井住友カードiDの4つの機能が1枚になったカードで、通常カードからワイドカード、ゴールドカード、プラチナカード、学生カードなど豊富なラインナップから種類を選ぶことができます。

     

    ANAグループ便を利用するたびにたまるフライトマイルに加えて、ANAVISAカードでのお買い物や食事、公共料金の支払いやオンラインショッピングなどでもマイルが加算されます。マイル提携店で使用すると更にボーナスマイルがついたり、ANAVISAカード入会時と毎年のカード継続時にもボーナスマイルがもらえます。

     

    また、ANAVISAカードには国内航空傷害保険と海外旅行傷害保険が自動付帯されています。

     

    旅行の度に加入するなど面倒な手続きは不要で、全日本以外の航空会社の利用ももちろん可能です。突然のケガや病気などのトラブルや、賠償責任、携行品損害の補償、航空機遅延費用など旅行中に起こりうるあらゆる場面をカバーしてくれるので、安心して旅を楽しむことができます。

     

    VISAカードは全世界に加盟店のある国際カードなので世界中で簡単に支払いができ、三井住友カードiDを利用して、iD取り扱いショップや自動販売機、タクシーなどでのクレジット利用や、事前に契約をすれば海外キャッシングも利用できます。

    便利なANAVISAカードでショッピングや旅行を思う存分楽しみましょう。

キャッシング